ミズモト学園 東海調理製菓専門学校

調理技術科 専門料理コース 日本料理専攻

調理技術科 専門料理コース

日本料理専攻

  • 2年制

感性を磨いて、季節を料理で表現。
専任教師だからできる濃密な作業。

四季を映す繊細な日本料理は、私たちが代々培ってきた文化です。
それが今では世界から注目と尊敬を集める料理となりました。
包丁のとぎ方、野菜の切り方、魚のおろし方など和食のいろはから学び、一人前の板前となるための極意を習得します。

コースのポイント

POINT 01

日本料理の決め手となる出汁や調味料の割合を学び、応用力を身につける。

POINT 02

旬の食材を使用し、包丁さばきや味付けをしっかりと学ぶ。

POINT 03

現場の調理器具を使用し、専門的な技術を学ぶ。

POINT 04

器や茶事などの知識を学び、盛り付けの感性を磨く。

実習の具体例

基礎技術
調理器具の扱い方/包丁の研ぎ方/材料の切り方/だしの取り方/基本のソース
専門技術
椀物(だしと汁ものの構成・仕立て方)/焼き物(材料と下処理・火加減)/お造り(魚の卸し方・刺身の引き方)/揚げ物(材料・油・衣・揚げ方のポイント)/煮物(材料と調味料・味加減と火加減・炊き合わせのポイント)/蒸し物(材料・素材・器具)/盛り付け方・器の知織/茶道・食卓作法
実習例
だし巻き卵/いんげんの胡麻和え/卵豆腐・茶碗蒸し/小魚の南蛮漬け/五目ご飯・巻き寿司・丼物/豚バラのべっこう煮/酢物・和え物・吸い物/鯵の姿造り/蕪蒸し・信州蒸し/すっぽん料理/桜鯛の松皮造り/細工寿司/なすと合鴨の重ね焼き/鮑の柔らか煮/鰆の西京焼き/松花堂弁当/筑前炊き/鳥賊のけんちん煮/穴子の八幡巻き/天婦羅/信州揚げ/白身魚と帆立貝の素焼き/石狩鍋/柳川鍋/鰻ざく

資格と卒業後の進路

取得可能な資格
調理師免許(国家試験免除)/製菓衛生師(希望者・要国家試験)/食品衛生責任者/専門調理師・調理技能士(受験資格)/食育インストラクター/介護食士3級/全国料理学校協会教員資格/ 専門士 他
卒業後の進路
職 種:調理師/フードコーディネーター など
職 場:料亭/割烹/寿司店/ホテル/旅館 など

在校生の声

安冨 剛悠さん

自分の力がつく職場に入り、技術をさらに向上させたい。

安冨 剛悠さん

(磐田農業高校卒業)

調理を学びながら製菓の勉強もできるので、充実度は2倍。本当に重要なことを繰り返し教えてもらえるので、初心者でもきちんと基礎が身につきます。ポジティブに考え、「無駄だと思える事も一生懸命やる」のが僕のスタイル。今は、製菓衛生師の国家試験合格、グルメピックの入賞、2 年間皆勤で料理を学ぶことを目標に日々努力しています。

岡田 咲来子さん

料理に打ち込み、仲間との絆を深めた2年間。

岡田 咲来子さん

(星稜高等学校(金沢)出身/金城樓 就職)

学校に通いながらホテルでアルバイトができる委託生制度があったので入学を決めました。2年間学校では基本を学び、アルバイト先では現場に入って仕事の流れや雰囲気を肌で感じたことが就職してから生きてくると思います。また、たくさんの学校行事を通して友達との絆を深めることができました。特に2年間のすべてを披露する建学祭では、家族や仲間に自分の成長を見てもらうことができ、思い出深いイベントになりました。

山脇 惇さん

日本料理の基礎を学び、卒業後は京都の名店で修行。

山脇 惇さん

(静岡県立島田商業高等学校 出身/木乃婦(京都)就職)

将来的に親が営む和食料理の店を継ぎたいと考え、日本料理を基礎からしっかり学べる調理技術科を選びました。長く現場で仕事をしてきた先生が多いので、自分が働く現場を想像しながら、様々な質問をしてアドバイスをもらいました。
卒業後は、父も修行した京都の一流料亭に就職します。数年間じっくりと経験を積み、いつか親の店を継いでもっと大きくすることが目標です。

SUPPORT製菓衛生師国家試験
4年連続合格率100%には
わけがある!

それが本校独自の充実のサポート体制

※当校合格率2018年度実績

資格取得サポート
  • 高校既卒・社会人・大学生の方へ「食」を「私の仕事に」
  • OPEN CAMPUS シェフ・パティシエ・調理師を目指す方のための実習体験!
  • 入学願書